タイヤによる事故を回避できる ドライバーコンパス対応空気圧センサー

タイヤによる事故にはハイドロプレーニングやバーストなど空気圧の低下によるものがほとんどです。

日常からタイヤの空気圧を気にしている方はそれほど多くはないでしょう。

それを気にして入れば回避できる可能性が増してきます。

そこでおすすめなのが「ドライバーコンパス対応空気圧センサー」です。

タイヤのエアバルブにセンサーを取り付け、車内のUSBポートに受信機を設置して空気圧をモニタリングします。

専用アプリを導入すれば、空気圧の上限値や下限値、温度の上限値が自動で設定され、それを越えるとアラーム音と赤い点滅で警告してくれます。

普段の注意が思わぬ事故から守ってくれることでしょう。